イベント・ライブの感想一覧(5867)

みんなのイベントの感想一覧です

  • S.C. NANA NET ファンクラブイベント Ⅶ 2日目

    3A204

    最前ありがとう…水樹奈々さんありがとう。

    パーマリンク  1時間前

  • メンマは竹で出来ている ギャリック!公開収録 28

    2424sky

    ミニライブpink☆awayセットリスト

    1.キセキノソラ
    2.瞬間センチメンタル
    3.pink☆GO away!

    パーマリンク  2時間前

  • MOSAIC.WAV RE:1ST LIVE 「WE LIVE AKIBA-POP!!

    ji4vis

    友人に連れられて初めてMOSAIC.WAV の現場へ。
    番号は本当に一番後ろぐらいだったので、気負わず一番後ろの壁際で観る形に。
    なぜか周りに知り合いがちょこちょこ居たので安心して観れた。

    数年ぶりのソロライブ..というかソロライブ自体が珍しいとのことだが、ともかく、KIBA-POP を引っ張ってきた存在であるMOSAICが、その大きさをバンっと魅せたようなライブだったと思う。正直、曲は全然わからないし思い入れも無いんだけど(1,2枚持ってたと思う。Lantisからのメジャー盤は)、ここぞというときの盛り上がり方だとかが、1stライブから10年経っていても色褪せてないことが十分見て取れる。

    ハコ娘(違)によるステージ中のインターバルとか、ゲストに入って歌って貰ったり定番コーナー(?)をゲストを交えてやったり、アンコールの入り方が独特なストレートな表現(笑)だったりとか2時間としては盛りだくさんの内容だったと思う。
    チケットの取りにくさは知ってたので、もっとゲストファンがいるんじゃないかと思ってたけど、ガチファンが非常に多かったのも印象的だった。
    また機会があれば行けたらいいな。

    パーマリンク  5時間前

  • 木戸衣吹 20thバースデーイベント

    Long_t31613f

    この日20歳の誕生日を迎えた木戸ちゃんのバースデーイベント。

    早速ステージ上に用意されたビールを飲むも、一口で「マズい!」と渋い顔をする木戸ちゃん。マネージャーの郡山さんに「そのうちこれがおいしくなってくる」と言われても「信じられない!」とでもいいたそうな表情であったが、まあ多分木戸ちゃんのことだからすぐにビールの味は覚えることだろう。

    ホリプロスカウトキャラバンから今に至るまでの軌跡を、事前に参加者から集めたアンケートを読み上げつつ振り返っていく。中学生の時に実家のある青森を離れ、14歳の時に声優デビューを果たした芸歴の長さゆえに、「まだ二十歳」だったのか、といい意味で思わせてくれる木戸ちゃん。役者として実に様々な役をこなしてきたことを見せつけられ驚かされたとともに、まだまだ可能性が秘められていると思うと、これからどんなすごい役者さんになるんだろうか、と今後も応援していきたい気持ちが強まった。

    その後、「シャンパンが飲みたいです!」と郡山さんにシャンパンを注がせるも、やはりこれもまだお口に合わなかったようで「こんなのシャンパンじゃない!」と言い放つ木戸ちゃん。うん、多分あなたが想像しているのは「シャンメリー」だ。「ワインって甘いぶどうジュースじゃないんですか!?」とも言っていたのできっとみんなの想像は間違っていないはずである。そんな木戸ちゃんは、「ほろよい 冬みかん」をおいしそうに飲んでいたのであった。

    最後のお父様からの手紙は反則であった。「気をつけて帰っておいで」の一言が本当に心にしみた。上京するには率直に言ってまだ幼かったはずの木戸ちゃんが東京でここまで頑張れたのも、いつでも帰れる場所がある、という安心感があったからなのではなかろうか、と。

    パーマリンク  12時間前

  • AYA UCHIDA Early Summer Party Blu-ray 発売記念トークイベント

    Long_t31613f

    今年6月に開催され、声帯結節の手術を受けてから初となるライブイベントとなった「Early Summer Party」のBlu-ray発売記念イベント。
    本編の話半分、楽屋トークの延長である30代女性のリアルなトークが半分という、ある意味で今までにないイベントであった。
    いつも司会をしている、うっちーファンにはおなじみである日本コロムビアの川崎さんが本日は大阪会場にいるということで、今回の司会は日本コロムビアの古田さん。その後プロデューサーであるZERO-Aの工藤さんも加わり、さらにトークが盛り上がるという。

    結構お金を稼いでるはずなのに服にお金をかけず、いざたくさん服を買うぞ!と思ってもなぜかコートを4着も買っちゃうとか、3万円くらいのブランドバッグを30歳の記念に、と思っても即決できないとか、北九州のコンビニで何を買おうか1時間も迷っていたとかいう話とか、何ともお金の使い方が上手でないうっちーのエピソードが工藤さんによって次々と暴露されていた。

    まだ決まってはいないものの、アコースティックライブをやりたい、といった話も。
    事前に参加者から集めていたアンケートでは、アコースティックアレンジを期待する曲として『Sweet Rain』が多数上がっていたとのこと。
    工藤さんいわく「『Sweet Rain』は初期の名曲なので、違うアレンジで聴いてみたいって人は多いのでは」とのことであった。新曲をたくさん出すのもそりゃうれしいのだけど、ファンとしては昔の音源のリメイクなんかもうれしいし、そのほうがむしろ広がりがあっていいのではないかな、と思えるので、こういうことをプロデューサーが考えてくれるってのはファンとしてもありがたいと思った。

    また、ステージには衣装が展示してあり、それに対するこだわりも語られた。
    うっちーのソロ活動はパステルカラーのイメージで統一されており、さらにうっちー本人がギラギラしたイメージが好きでないのをスタイリストさんが理解してくれているそうで、他のアーティストだったらスパンコールを使うようなところをパールに置き換えているのだとか。また、『ICECREAM GIRL』のライブで着ていた水色の「アイスクリーム屋さん」風衣装は、ストライブの柄がはっきり出過ぎないよう、ソフトフォーカス効果を狙って透ける薄い布を外側にもう一枚足しているのだとか。イベント終了後に間近に見ることができたのだが、繊細なこだわりが見て取れた。

    パステルカラーのイメージはライブグッズにも反映されているようだけども、女性スタッフとうっちーだけで決めると過度にメルヘンになってしまうので、「1おじさん」(恐らくディレクターの井上さん)は必ず会議に参加してもらって男性の意見も聞いているとのこと。また、普段使いできるようにしたいうっちーと、「AYA UCHIDA」という文字列やライブの日付を入れたい運営側との攻防も毎回あるらしい。

    とまあいろいろな話が聞けた盛りだくさんのイベントであった。
    こうやってうっちーが自分を惜しげもなくさらけ出してくれるのは、ファンとしてはとてもうれしく思う。

    パーマリンク  13時間前

  • 「豊田萌絵1stDVD moRe moDe」発売記念イベント(11/12)

    Long_t31613f

    写真集『moRe』のメイキング映像などを収めたDVD、『moRe moDe』の発売記念イベント。アンケートで事前に集めた参加者の質問に答えるのがメイン。
    DVDに収められていたアクティビティはパラセーリングだったけども、逆バンジーの選択肢もあったとのこと。乃木坂46のメンバーがその逆バンジーをやっていたそうで、その残りを感じたかった、とかいうオタクみたいな発言も。いや、もえしはオタクだな。

    特典お渡し会では、なぜかお客さんのほうが笑いを取っていたシーンもあり、和やかな雰囲気であった。私がお渡し会で話した内容はぶっちゃけDVDとはあまり関係ないのでここには書かないでおく。

    パーマリンク  13時間前

  • 立川あにきゃん2017「フレームアームズ・ガール」ファン感謝トークショー

    Long_t31613f

    「フレームアームズ・ガール」の聖地でもあり、版権元であるコトブキヤの本社所在地でもある立川でのイベント。

    私みたいな声優目当てで参加している人は思ったほど目につかず、プラモデル好きと思しき客層も多かった。
    今でこそ模型を組むような趣味はしなくなった私だけども、ミニ四駆だったり、あるいはプラレールの塗装を変えたりと、子供時代の趣味として模型は通ってきたので、「プラモデルあるある」には何とかついていくことができた。

    エリイちゃんも最近プラモデルを始めようとしたところらしいのだけど、パーツをまずすべて切り離すんですか?と質問したところ他の出演者や客席から全力で止められていたところがツボであった。初心者ほどやらかしがちなミスなのであるw

    パーマリンク  13時間前

  • RAYVE FINAL 1日目

    _konitan_

    Rayさんのファイナルライブ初日。二日目は行けなくてこの日が僕にとって最後のRayさんの生歌を聞く機会となってしまいました。ワンマンはそれこそ1stソロライブ以来だったので、もっと行っておけば良かったです。

    以下セトリに沿って感想
    01 Over ride
    1stソロライブの時もこの曲が一番最初だったなあと思ってました。1stアルバムのRAYVEもこの曲が1曲目なので、そういう部分もあってこの曲が1曲めなのは印象深かったです。

    02 twin portion
    空気を一気にダークに変えてきましたね。

    03 protostar〜あの日のワタシ〜
    あんまり聞き覚えないなと思っていましたが、楽園PROJECTのカップリングでアルバムとかには収録されてないっぽいですね。

    04 As for me
    また雰囲気がダークに戻りましたね…。イントロのデデデッ!デデデッ!が印象的です。

    05 secret arms
    オタクなのでToLOVEるの曲が好き。ヤミちゃんの曲なんですよね。

    06 季節のシャッター
    Rayさんといえばこういう感じの曲がみんなの印象っぽい。あの夏で待ってる、素晴らしいアニメでしたね…。

    07 告白
    約束で小指立てるのがエモいですよね。

    ゲストコーナー①
    08 凪-nagi- /中沢伴行
    今回ゲストが来るってのは最初からわかってたんですけど、いきなり中沢伴行が出てきて転げ落ちてしまいました。

    09 ebb and flow/中沢伴行
    あああああ…。凪のあすから2ndOPの「どうして…」の部分が思い出されてどうしようもなくエモい…。

    10 マリンスノー/中沢伴行
    ベストアルバムの最後まで中沢伴行がこういう曲を提供してくるの強いですね…。

    11 lull〜そして僕らは〜/中沢伴行
    なんだかんだこういう曲が好き。

    12 Wonderful Catcher
    一気に盛り上がるゾーンへ。Little Tripからの刺客は人を否応なく旅へと誘う名曲です。

    13 ココアポット・シティ
    この曲のダンス、Rayのダンスの中でもNo.1だと思ってるので見ることが出来てよかったです。

    14 baby♡macaron
    イントロで変な動きになる。サビの「飛んでけ!」でぶっ飛ぶのが最高に楽しかったです。

    15 Lovely storm
    会場に響き渡るきれいなMIXが面白かったです。

    16 初めてガールズ!
    聞いててこんなに楽しくなる楽曲はなかなかないですよ。ベースの低音がいい味出してるんですよね。二番おわりからのブチ上がり方も必聴です。

    ゲストコーナー②
    17 やわじゃないDID!!-Catch me! To LOVEる-/Luce Twinkle Wink☆
    フリコピのお時間。まさかルーチェが出てくるなんて思ってなかったです。

    18 Treasure/Luce Twinkle Wink☆
    なんかルーチェの新曲やりだしたと思ったらRayちゃんが作詞してるらしいです。

    19 Recall
    思えばこの曲を聴きに1stライブに参加したような気がします。ダークサウンドにスタンドマイクを利用した振り付け、今でもRayさんの曲の中で一番好きです。

    20 a-ha…!
    デッデデッデデデッデッデデ!オタ芸を「我慢できない!」はよくないです。

    21 I'm MONSTERちゃん
    モンスターシップってなんだろうってずっと思ってました。作詞家が天才だと思います。

    22 契-この広い広い、時空を越えて- /黒崎真音
    え、黒崎真音さんが出てきた、と思ったら聞き覚えのない曲を歌いはじめてちょっと焦ってました。あとで調べたら「十鬼の絆 関ヶ原奇譚」っていうゲームで2人がタイアップしてたみたいですね。

    23 脳天KICK VOICE /黒崎真音
    黒崎真音とコラボして脳天KICK VOICEやるのは違憲だと思います。

    24 ♡km/h
    今回僕はこれを生で聞けないままじゃ追われないなあと思って参加したんですよね。聴くことが出来て本当に良かったです

    25 君といた空
    蒼の彼方のフォーリズム…

    26 a-gain/高瀬一矢
    高瀬一矢を呼んで蒼の彼方のフォーリズムの流れの曲やるの反則すぎてまた腰を抜かしてしまった…。羽ばたく振り付けが好きなんですよ…。

    27 ♡こゆび姫♡/高瀬一矢
    タイトルが秀逸ですよね。キャッチーでポップなところがRayさんらしく、タイトルらしいですね。

    28 楽園PROJECT/高瀬一矢
    この曲、なんだかんだで久々に聞いても踊れてしまうのが凄いところだと思います。

    アンコール
    29 sign
    Rayさんとあの夏で待ってるは切っても切れない関係でしたね。1stとFINAL、同じ曲、同じ振り付けでも全然違ってて、この曲はそういう部分の象徴なのかもしれないです。

    30 双翼のエトワール
    アンコールのタイミングでこの曲が選ばれるなんて思ってなかったです。

    31 My Future
    未来へ向かって進むRayさんのことをみんないつまでも応援していると思います。

    これでもうRayさんの歌は聞けないんだな、と思うとすごく残念になるくらい素晴らしいライブでした。パンフレットにも書かれてましたが、せめて「三澤紗千香さんが声優、Rayさんが主題歌としてアニメで共演する」は三澤紗千香さんのファンの僕としてはぜひとも実現してほしかったです。

    パーマリンク  21時間前

イベンターノートとあなたのカレンダーを今すぐ連携