nano.RIPE Special Acoustic Live「ほしふるうでわ」

イベント詳細

開催日時 2020-02-15 (土)
時間 開場 18:30 開演 19:00 終演 21:00
※終演時間はあくまでも目安になります
開催場所 多摩六都科学館
出演者
関連リンク http://nanoripe.com/live/3273/
日程:2020年2月15日(土)
■会場:[東京] 多摩六都科学館 プラネタリウム
■時間:OPEN 18:30 / START 19:00
■チケット:前売 5,500円(税込) *グッズ付 / 整理番号有・自由席
■プレイガイド:一般発売未定

夜が好きで、星が好きで、月が好きで、描き続けた宇宙のウタは気が付けば随分とたくさんになっていました。
そんな曲を集め、その子たちが一番輝く場所、満天の星空の下でライブをします。
デビュー10周年イヤー第一弾、nano.RIPEがお届けする星の旅をお楽しみください。

【ファンクラブ先行予約】

■先行受付期間:2019年12月7日(土)12:00〜12月22日(日)23:59

nano.RIPE OFFICIAL FANCLUB「ノクチルカ」サイト内よりお手続きください。
アクセスURL:http://nano-fc.jp
*スマートホン(iPhone&Android)のみ閲覧可能

*nano.RIPE OFFICIAL FANCLUB「ノクチルカ」新規ご登録はFanclubページをご覧ください。

【公演に関するお問い合わせ】

ディスクガレージ
TEL:050-5533-0888 (平日 12:00〜19:00)

Twitterハッシュタグ #nano.RIPE

イベント登録/最終更新履歴

このイベントを編集 / このイベントをコピーして新しくイベントを登録

シェア/共有する

このイベントの感想(1件)

  • oosoto

    イベ回しに失敗し、テンション駄々下がりの状態で10分ぐらい遅刻。
    着いたときはきみコさんが星空解説してました。
    よくある解説だったんですけど、すごくよかったです。

    正直このときはプラネタリウムなのに遅刻して入ってしまったという気持ちにしかなってなかった...
    今度は恋する小惑星のプラネタリウムのイベントがあるので、それは開場時間に着くような余裕を持ったイベ回しをしたいです。

    で、本編の話。
    プラネタリウムって、ホールとかライブハウスとかと違って本当に真っ暗になって、ライブといっても灯りは最小限なので、いつも以上に曲と向き合えるというか。
    ステージ上を見る必要は無いし、目をつむってもいいし、眠くなってきたなあとかあるし。
    あと、今回はスペシャルゲストで小田和奏さんがキーボードで参加ということもあり、マジで嬉しかったです。

    ルミナリー
    「光れ 光れ この世界中で ぼくは きみは ただヒトツだと
    光れ 光れ 照らされるより照らせ 明日を きみを 限りある今日を」

    プラネタリウム
    「まぶたの内に潜んでる暗がりも今きみが
    笑ってさ照らしてくれるから」
    歌詞のまま、星型のライトを手に歌っていたのがめちゃくちゃ歌詞に入り込めました。

    三等星
    「こんな夜はどんなウタが似合うだろう?
    少し悩んで選んだあの子の声がやさしすぎてまた寂しくなるけど」
    この流れやべーって、天才過ぎるとなってた。

    祈りうた
    「届くことない祈りを捧ぐ 消えないでお月様
    あともう少しだけこの場所で 祈るぼくを見下ろしていてください」
    プラネタリウム~三等星で個人的な感覚がゾーンに突入したのでこっから最後まであっという間過ぎた。

    月花
    「月の影に隠してた 本当はね咲いてた
    曲がり角で踏みつけて枯れてしまわないで
    なにもかも手放してたったヒトツ残るモノを 守れるように祈る夜明け」

    セラトナ
    「夜の隙間に空いた穴は新しい星になる」
    "星の夜の脈の音の"の1曲目。
    時間が経ったこの曲も特別な場所で聞くとまた思い入れが強くなる。

    月の出る丘
    今回のプラネタリウム公演のために作った曲で、リリース予定もなく、なんならアコースティックアレンジしかないそうです。
    いつかまた聞ける日が来たらいいなーって思います。

    スターチャート
    「なにか足りなくてなにが足りなくてぼくは一体だれだろう
    星が回るとぼくも回るから変わり続けてゆくのだろう」
    この曲めちゃくちゃ好きだったんで、たぶん聞けそうだと思ってたら、本当に聞けてマジよかった。

    ダイヤモンドダスト
    「眠ることがヘタクソなぼくは星になれずに
    向こう側に意味を探した」

    ポラリス
    「星の降る夜の中 長いまばたきをしよう
    夢の終わりに次の約束をしよう」
    こればかりは号泣。
    今回の公演で一番印象的だった。

    ヨルガオ
    「さようなら ぼくは今夜 夜明けを待たずに眠るから
    きみと過ごして夜を好きになれたよ もうヒトリで大丈夫さ」
    スクリーンにはみんなのうたのときの映像が。
    こういった映像の演出も、プラネタリウムだとまた違った感じで特別感があるので良き。

    あ、あと、「ほしふるうでわ」を手に入れました。
    (※特典のグッズ)
    使ったのは最後だけなんですけど、こういう細かいところまで考えられてるのすごく良いですよね。

    そんな感じで、最高の一言に尽きるプラネタリウム公演でした。
    春ツアーは今のところ被ってないので行きたいですね。

    パーマリンク  3日前

全ての感想を見る(1)

このイベントに参加(ノート作成)

参加ボタンを押してノートを作成するとイベント費用を管理したり、メモを書いたりすることができます。

このイベントに参加のイベンター(15人)

  • nitro_Yb

  • fragment

  • hdmrmdk1988

  • masukawa_yoshio

  • riva

  • StopStop

  • epidemiku

  • spiegel

  • Kalio_n

  • shiodeyaku

  • dorananoP

  • rintama122

  • Yukichi_DX

  • ichi_ms

  • oosoto

全ての参加者を見る(15人)

イベンターノートとあなたのカレンダーを今すぐ連携

参加登録が完了しました

ツイートしてフォロワーにお知らせしましょう。

Twitterにツイートする

※ツイートするためにはTwitterと連携している必要があります

ツイートしました

このイベントのノートを編集する

閉じる

日時:

時間:

場所:

出演者:

関連リンク

ハッシュタグ

タイトル:

閉じる